研究成果

学術論文

3.11以後における「脱原発運動」の多様性と重層性——福島第一原発事故後の全国市民団体調査の結果から
町村敬志・佐藤圭一・辰巳智行・菰田レエ也・金知榮・金善美・陳威志
一橋社会科学(NCID: 12187323)7, pp1-32 (Mar. 2015) [lang: ja]
URI: http://hdl.handle.net/10086/27134

要旨

………2011年の福島第一原発事故以降、日本では原発をめぐる市民の幅広い運動が全国規模で急激に発生してきた。運動を支えたのはどのような主体か。活動はどのような時間的・空間的広がりをもっていたのか。個別事例の紹介はあったものの、運動の全体像を全国規模で調査に基づき検証する試みはまれであった。
筆者らは、福島第一原発事故以降、原発・エネルギー問題に何らかの形で取り組んだ市民活動団体を対象とする全国規模の質問紙調査を2013年2~3月に実施した(送付数904、回収数326、回収率36.1%)。これに加え、全国でインタビュー調査を実施した。
その結果、次の点が明らかとなった。第1に、「脱原発運動」としばしば一括される運動のなかにはきわめて多様な団体による活動が含まれていた。第2に、これら団体の活動内容や原発への態度には、結成時期、事務所の所在地(とくに福島第一原発からの距離)、成員の属性、そして運動文化などに基づく、分岐が実際には存在していた。第3に、そうした差異を伴いながら、異なる団体の間には共通課題の優先設定や対立点の回避など一体性の維持に向けたさまざまな回路が用意されていた。
要約すると、異なる取り組み方を持つ団体が共存することによって原発・エネルギーに関わる諸課題には新たな連接が生まれ、そのことが今回の脱原発運動に対して、全国的規模で長期間活動を持続することを可能にする多様で重層的な基盤を用意した。

Full Text(PDF)
Reshaping the Nuclear Energy Policy Domain: The Japanese Anti-nuclear Movement after the Fukushima Nuclear Power Plant Accident
SATOH Keiichi, OKADA Atsushi, KIM Sunmee, KIM JiYong, KOMODA Reeya, TATSUMI Tomoyuki, TAN Uichi and MACHIMURA Takashi
Sociology in the Post-Disaster Society, pp178-199 (Jun. 2014) [lang: en]
Full Text(PDF)

報告書

東日本大震災における支援活動と地域社会——岩手県大船渡市を中心に
山本唯人・丸山真央・植田剛史・岩舘豊
pp1-130 (Mar. 2014) [lang: ja]
Full Text(PDF)
町村敬志編,2012,『計画停電・節電と国立駅前商店街——2011年「商店街と地域社会」調査報告』一橋大学大学院社会学研究科社会学共同研究室リサーチアウトプット・シリーズ(共同成果物),一橋大学.
はじめに p.1
調査の概要 p.2
町村敬志 計画停電の実際 pp.3-6
町村敬志 節電への取り組み——変化する街の風景 pp.7-9
金知榮 1. 計画停電の影響 pp.10-1
渡邉安奈 2. 被災者支援の活動 pp.12-3
渡邉安奈 3. 原発事故の影響 pp.14-5
内海咲 4. 自粛ムードと売り上げ pp.16-7
町村敬志 5. 計画停電から節電へ pp.18-9
金善美 6. 商店と商店街の将来 pp.20-2
金知榮 7. 一橋大学との関係 pp.23-4
調査票と単純集計 pp.25-9
Full Text(PDF)

学会報告

  • Keiichi Satoh and Uichi Tan(2014)
    Culture and Integration in Taiwan and Japan: Pathways toward the Risk Sensitive State in the Post Industrial SocietyRound Table2 Regime Theory
    East Asian Junior Sociologists Forum, 2014-07-13, PACIFICO YOKOHAMA, Yokohama, Japan.
  • Keiichi Satoh(2014)
    Infrastructure for a Post-Nuclear Society: From the Survey on Japanese Civil Society Organizations in Nuclear Energy Policy DomainAnti-Nuclear Movements Post-Fukushima (Oral Presentation)
    XVIII ISA World Congress of Sociology; RC24 Environment and Society, 2014-07-14, PACIFICO YOKOHAMA, Yokohama, Japan.
  • Reeya KOMODA(2014)
    Emergent Platform Stage of Japanese Civil Society after the Fukushima Accident:The End of 'Winter of Social Movements' in Japan ? (Distributed Paper) Pre-Disaster Alternative Politics in Post-Disaster Protests
    XVIII ISA World Congress of Sociology; RC48 Social Movements, Collective Actions and Social Change, 2014-07-18, PACIFICO YOKOHAMA, Yokohama, Japan.
  • Tadahito Yamamoto and Yutaka Iwadate(2014)
    Displacement and Politics of 'Transitory Space' for Resilience: A Case of the Great East Japan EarthquakeTheme III.3 Disasters, Risks and Civil Society: A Comparative View of Urban Resilience Strategies (Distributed Paper)
    XVIII ISA World Congress of Sociology; RC21 Regional and Urban Development, 2014-07-18, PACIFICO YOKOHAMA, Yokohama, Japan.
  • 丸山真央(2014)
    「『平成の大合併』と東日本大震災——岩手県大船渡市旧三陸町の事例から」
    地域社会学会 2013年度 第4回研究例会, 2014-02-08, 東京大学本郷キャンパス.
  • 町村敬志(2013)
    「3.11以降の運動は市民社会を変えたのか:団体全国調査をもとに(1)——生成される『活動空間』とゆるやかな連関の構造を探る」社会運動(3)(3.11 以降の運動)
    日本社会学会 第86回大会, 2013-10-13, 慶應義塾大学三田キャンパス.
  • 菰田レエ也・佐藤圭一・金知榮(2013)
    「3.11以降の運動は市民社会を変えたのか:団体全国調査をもとに(2)——原発・エネルギーを巡るイシューの全体像と活動団体の組織構造」社会運動(3)(3.11 以降の運動)
    日本社会学会 第86回大会, 2013-10-13, 慶應義塾大学三田キャンパス.
  • 金善美・佐藤圭一(2013)
    「3.11以降の運動は市民社会を変えたのか:団体全国調査をもとに(3)——団体類型別にみた動員構造の違いと市民社会におけるウェブメディアの諸機能」社会運動(3)(3.11 以降の運動)
    日本社会学会 第86回大会, 2013-10-13, 慶應義塾大学三田キャンパス.
  • 陳威志・辰巳智行(2013)
    「3.11以降の運動は市民社会を変えたのか:団体全国調査をもとに(4)——社会空間における活動の多様性と共存」社会運動(3)(3.11 以降の運動)
    日本社会学会 第86回大会, 2013-10-13, 慶應義塾大学三田キャンパス.
  • 村瀬博志(2013)
    「3.11以降の運動は市民社会を変えたのか:団体全国調査をもとに(5)——資源動員と運動領域の再編」社会運動(3)(3.11 以降の運動)
    日本社会学会 第86回大会, 2013-10-13, 慶應義塾大学三田キャンパス.
  • 山本唯人(2013)
    「東日本大震災の災害地理(1)——岩手県大船渡市における『在宅被災者』支援とボランティアネットワーク」災害 (4)(東日本大震災の被災地域)
    日本社会学会 第86回大会, 2013-10-13, 慶應義塾大学三田キャンパス.
  • 岩館豊(2013)
    「東日本大震災の災害地理(2)——遠野ユニオンボラセンの空間分析」災害 (4)(東日本大震災の被災地域)
    日本社会学会 第86回大会, 2013-10-13, 慶應義塾大学三田キャンパス.
  • Keiichi Satoh, and Reeya Komoda(2013)
    Organizational Background of the Explosion of the Social Movement after the Fukushima Accident: A New Phase of Japanese Civil Society? (Individual Papers on Japanese Society)
    17th Asian Studies Conference Japan(ASCJ 2013), 2013-06-30, J. F. Oberlin University, Tokyo.
  • 佐藤圭一(2013)
    「団体調査から見る 3.11 以降の市民社会——『福島原発事故後の市民社会の活動に関する団体調査』から」(第5部会: 社会運動・市民活動の社会学1)
    第61回 関東社会学会 年次大会, 2013-06-15, 一橋大学国立キャンパス.
  • 町村敬志・佐藤圭一・金知榮・菰田レエ也・岡田篤志・辰巳智行・金善美・陳威志(2013)
    「『福島原発事故後の市民社会の活動に関する団体調査』調査結果についての研究報告会」
    「社会と基盤」研究会, 2013-05-19, 一橋大学一橋講堂.
  • 岩舘豊(2012)
    「インフラストラクチュア・統治・構造変動(2)」(権力・政治)
    第85回 日本社会学会大会, 2012-11-03, 札幌学院大学第1キャンパス.
  • 植田剛史(2012)
    「インフラストラクチュア・統治・構造変動(1)——東日本大震災以降の建造環境をめぐる統治の問題構成」(権力・政治)
    第85回 日本社会学会大会, 2012-11-03, 札幌学院大学第1キャンパス.
  • 丸山真央・山本唯人・岩舘豊(2012)
    「東日本大震災における地方都市の「復興」の政治と市民活動——岩手県大船渡市を中心に」(震災特別部会)
    東海社会学会第5回大会, 2012-07-14, 愛知大学豊橋キャンパス.