2011年3月16日

孤立状態に陥った多賀城市の仙塩総合病院で、震災後に入院患者6名(ほとんどが80〜90代の内科重篤患者)が死亡していたことが判明

河北新報
宮城県