2011年4月8日

群馬県、福島第1原発事故を受け県内の土壌を検査した結果、土壌1キロ当たりに含まれる放射性物質の濃度が最大でも569ベクレルだったと発表

上毛新聞
東京圏・計画停電