2011年3月14日

原発周辺での被ばく住民の増加をうけ、福島県は3月14日から県内の400を超える全避難所で被ばく調査(スクリーニング)を開始

福島民報
福島県