2011年4月15日

福島大学、福島第1原発から出た空中の放射性物質の状況を調査するため、福島市の大学構内で直径2メートル程の気球を飛ばし地表から高度30キロまでの観測を開始。20日間続ける

朝日新聞
福島県