2011年4月12日

東電の武藤副社長、会見で「大量の放射能が短時間で放出されたチェルノブイリ事故とは様態が違う」と弁明しつつ「総量でレベル7の放射線量の事実は重く受け止めている」

メルトダウン
原発・東電