2011年3月16日

日本産科婦人科学会など3団体が緊急調査を実施。被災地で周産期医療を続ける岩手・宮城両県の医師らが計6000缶の粉ミルクなどを求めていることが明らかに

日本経済新聞
岩手県