2011年3月19日15時30分

国土地理院がGPS連続観測点のデータ回収を行った結果、牡鹿半島で地震時に東南東方向に約5.3mの移動、約1.2mの沈下があったことが新たにわかったと発表

国土地理院 Webサイト
基本・全般