2011年3月28日

警察庁、福島第1原発から半径20キロの避難指示圏内にある大熊町内で3月27日に男性遺体を発見するも、放射線量の多さから収容作業を断念したと明らかに

朝日新聞
福島県