2011年3月17日

人事院、福島第1原発の関連作業にあたる一般職国家公務員に限り、放射線量の許容上限を従来の100ミリシーベルトから250ミリシーベルトに引き上げるよう規則改正

日本経済新聞
原発事故の影響