2011年3月24日21時50分頃

原子力安全・保安院、福島第1原発3号機で作業員が被曝した際の状況を説明。2人が長靴を履かず、放射性物質の濃度が高い水で足が汚染されたことを明らかにした

朝日新聞
原発・東電