2011年3月28日

福島第1原発の復旧作業に各社が派遣した人数と作業内容が判明。東京電力が復旧全般に450人、IHIが冷却システムと復旧支援などに30人、関電工が制御危機の復旧などに延べ200〜300人、東京エネシスが電気設備関連の作業などに50人、日立製作所が発電所の機器類の交換などに170人、東芝が仮説電源の設置などに100人以上、大成建設ががれき撤去と燃料運搬などに130人、鹿島が8人待機

朝日新聞
原発・東電