2011年3月23日夜

松本外相、クリントン米国務長官と30分間電話で意見交換。震災への在日米軍の協力と原子力関係の専門家派遣に謝意を表明し、福島第1原発の現状について説明

朝日新聞
国・政治経済