2011年3月17日

連合によると、春季労使交渉のヤマ場があった17日までに経営側から回答を引き出した傘下労働組合数は107。多くが安否確認・救援活動を優先し交渉を延期

日本経済新聞
市民社会