2011年5月3日

福島第1原発から20キロ圏内の「警戒区域」へ自治体職員が防護服姿で入る。住民の一時帰宅に備える予行演習として

朝日新聞
原発・東電