『東日本大震災クロニクル 2011.3.11 - 2011.5.11』について

「社会と基盤」研究会では,2011 年 3 月 11 日の震災発生から 2 か月にわたる日本社会の動向を記録したクロニクルの作成に取り組んで参りました。

その成果である本クロニクルは,2011 年 3 月から 9 月にかけて収集された新聞・雑誌記事,政府諸機関・各種民間団体・学術団体のウエブサイトなど約 330 の媒体から,10,000 件を超えるデータを抜き出し,政府諸機関,東京電力・原発事故,インフラ,被災各地の動きなどのテーマ別にまとめたものです。

すでに PDF 版および冊子版は,2011年12月に『東日本大震災クロニクル 3.11 - 5.11 (The Great East Japan Earthquake Chronicle 2011.3.11 - 2011.5.11)』および東日本大震災クロニクル資料一覧として公表しており,Web 版 Twitter版も同等の内容です。

本クロニクルの作成に当たっては,新聞・雑誌・書籍等に加え,多くの機関や団体によって作成された各種報告書やウェブサイトなどを参照しています。資料収集の期間は,おおむね 2011 年 9 月までのものです。震災から5年経ち,本クロニクルの公表後に明らかにされた事実,時間や内容が訂正された出来事もありますが,原則として「当時,公表され,知りえた範囲」の内容をそのまま収録しています。

また,収録された出来事の量や範囲は,全国規模のマスメディアをはじめ情報発信力のある団体・組織の活動が相対的に多くなってしまうこと,資料調査者・編者の研究領域や活動範囲などの制約があることもご理解ください。

震災直後の緊張した社会状況を振り返るともに,震災で何が起きたのか,震災によって何が変わり,何が変わらなかったのか,震災から5年目の節目に再び考えるきっかけとなれば幸いです。

最後になりましたが,被災地の復興を心より祈念申し上げます。

2016年3月
東日本大震災クロニクル Web 担当者

注釈
各出来事の発生時刻を特定できた場合に限って記載している。
発生時刻を特定できない出来事,および発生時刻を記載しないものとした出来事については,必ずしもその発生時刻の順に配列されているとは限らない。
Twitter版では,発生時刻が明瞭でない出来事についても配信のために適当な範囲で時間を補っている。したがって,配信時刻は発生時刻と必ずしも一致するものではない。
「自衛隊」カテゴリの出来事の「陸自」「海自」「空自」「原子力」は以下を意味する。
「陸自」:大規模地震災害派遣による自衛隊の活動のうち、陸上自衛隊によるもの。
「海自」:大規模地震災害派遣による自衛隊の活動のうち、海上自衛隊によるもの。
「空自」:大規模地震災害派遣による自衛隊の活動のうち、航空自衛隊によるもの。
「原子力」:原子力災害派遣による自衛隊の活動。